ベランダに日差しが当たるのか確認する

すべての時間帯で日差しをチェック

賃貸住宅を見学する際には、間取りや水回りを気にする人は多いです。もちろんそれは大切ですが、他にもベランダに日差しが当たるのかどうかを調べなければいけません。ベランダで洗濯物を干したり草花を育てたりするには、日差しは欠かせないのです。しかし気をつける必要があるのが、時間帯に関してです。不動産会社や賃貸住宅のオーナーからすれば、物件が一番魅力的に見えるタイミングで内見をして欲しいと考えます。その方が貸す側や管理する者にとって、好条件で契約できるかもしれないからです。ただ日差しというのは、建物の形状や周りの環境によって大きく変化します。そのため見に行った時だけ日差しが当たり、それ以外の時間帯では日陰になってしまう可能性があります。そのような失敗を防ぐためには、最低でも太陽が出ているすべての時間をチェックしましょう。

注意点について理解しておきましょう

ベランダに日差しが当たるからといって、その人にとって必ずしも良い賃貸住宅とは言い切れません。ベランダに日差しが当たるということは、その奥にある部屋の中にも太陽光が入ってくる可能性があるからです。例えば夜働いて昼に寝ている人にとっては、眠りを妨げられる恐れがあるのです。そこでベランダに日差しが当たるのかを見るのと同時に、どれだけ日差しが部屋に入り込むのかを調べておきたいです。それからベランダに日差しが当たると、夏はその部分の気温がかなり上昇するということを頭に入れておきましょう。しかもベランダにエアコンの室外機があるとうまく熱を放出できません。すると部屋の温度が下がりにくく、電気代が高くなるかもしれないです。

札幌北区の賃貸を探しているなら、駐車場にロードヒーティングがあるかも重要なポイントです。北区は降雪量が多いので、除雪の大変さを軽減できます。

© Copyright Rent Housing Association. All Rights Reserved.